軽自動車 下取り

車買取の査定額を下げる傷について

中古車買取において、査定をする車の程度が重視されることがあります。
中古車買取でもっとも大きく価格を左右する要素として、車種・年式・走行距離があります。
ただし、この要素は修復歴や事故歴、大きめの損傷がないことが大前提となります。

 

買取額に大きく影響する傷の度合いとして、名刺大までの傷に関してはそれほど大きく価格を左右しないのですが、それを超える大きさの傷であれば、買取額に差が出ます。
中古車販売をするときに目にする情報ですが「修復歴あり」となる車があり、そのの条件として、フレーム構造が事故により損傷しており、その修復が行われている場合に「修復歴あり」として販売され、販売価格が一気に下がるのですが、この場合、買取査定の時にフレーム修正器の痕跡が確認されることがあります。

 

しかし、フレーム修正が行われない状態の損傷であれば、修繕後に「修復歴あり」の表示はされません。
ただ、損傷部分が大きければ、修繕費が掛かるため、その分低く買取られるでしょう。
買取後にすぐにオークション売却する買取店がありますが、当然、オークションでも評価が低くなる懸念から高値が付かないこともあるので、名刺大を超える場合は、予め安く買取額を設定しています。