軽自動車と普通車の買取りの違い

軽自動車と普通車の買取りの違い

軽自動車と普通車の買取りの違いは、軽自動車の方が値落ちが小さいことです。
その理由は、軽自動車の方が普通車よりも人気が高く、重要が多くて高くても売れるからです。今の時代、維持費の安い軽自動車は人気で、できるだけ車を安く手に入れたい人が増えています。軽自動車のニーズは非常に高く、維持費が安いのでユーザーから支持されています。

 

税金などの法定費用や車検費用、部品代、修理費、高速料金、駐車料金など、どれをとっても普通車より圧倒的に安いです。そうしたことから、軽自動車は普通車よりも、買取り相場が高くなっています。燃費のよさもランニングコストの低減に役立っていて、軽自動車の需要は高まるばかりです。

 

実際、軽自動車のシェアは年々増えていて、4割に届く勢いです。軽自動車は人気が高いので、下取りに出すと損をします。軽自動車なら、年式が古くてかなり古い車でも、ちゃんと動きさえすれば、3万円〜5万円くらいの値は付くでしょう。どんなに古くなっても、簡単に廃車にはしない方がいいです。軽自動車と普通車では、買取りの際、書類にも違いがあり、軽自動車の場合、買取りの時、実印は必要なく、認印でOKです。認印でいいので印鑑登録証明書も要りません。