車を売るのは下取りか買取りか?

車を売るのは下取りか買取りか?

車を売るのは下取りか買取りか、どちらがいいのか悩む人は多いでしょう。
下取りの場合は、値引きができない分、下取り額で補填してくれるメリットがあります。ですが他の買取店で査定額がついたとしても、下取り額で競争することはないので反映されません。そして人気車種や装備についても、買取りのようにプラス要素にはなりにくいのです。

 

買取の場合は、その店は得意とする車種があれば、高めの値段をつけてくれる可能性があるので、複数の店舗を回って比較することも出来るのです。基本的に車を高く売りたければ、下取りに出すよりも買取りをしてもらった方がお得になる可能性が高いです。

 

但し、全ての車が下取りより買取りの方が高く買取ってくれるわけではありません。走行距離が長い車、人気の無い車種や年式が古い車などは、ディーラーでの下取りの方が高くなる場合もあります。また買取りの場合は相場変動に敏感で、売却時期が明確でないと低めの査定になってしまうこともあります。買取りは下取りよりも高く買取ってもらえますが、下取りに出すよりは手間がかかってしまいます。
それは人によって下取りに出すことが絶対に損とは言えません。車の車種や状態によって、また手間をかけたくない人には、下取りの方が買取りよりもお得な場合もあります。