車の売却時の評価基準

車の売却時の評価基準

車を売却する時の評価基準って気になりますよね。

 

当然です、それで査定されて引き取り価格が変わってしまうんですから。では、具体的にはどのあたりを見ているのでしょうか。先ずは年式です。人間でいえば、いつ生まれたのかという事になるまで若ければ若い方が良いでしょう。

 

そして、走行キロです。走行キロが多ければ多いほど使用されていたという事になりますよね。当然しようすればするほど劣化していくのでこれも少なければ少ないほど良いのです。次に見るのは、グレードです。同じ車種でもグレードが違えば価格は全く違ってきます。グレードの高さは買い取り価格の高さに比例すると考えておきましょう。グレードとは少し違うかも知れませんが、オプションの有無もポイントです。

 

そして、ボディの状態とカラーです。傷やへこみは無いですか?錆がでてるなんてのは論外です。長年乗れば色あせがあるのも普通です。又、特殊な色は好みによって変わります。ベストな色はやはり白でしょうね。最後に案外大切なのが書類です。車検証はとうぜんですが、車の取扱説明書の有無は以外と大きなポイントなんですよ。