自動車 下取り 手続き

自動車の下取り手続き

自動車を下取りに出すときにはどのような手続きが必要になるのでしょうか。

 

実は下取りに出すときには大きく分けると2種類の手続きがあるそうです。まず一つが下取をした車が中古車として流通する場合です。この場合にはディーラーに名義変更の手続きが行われます。
そのため、車の登録変更手続きを代行してもらうための委任状に実印を押印しますので印鑑証明書を添える必要が出てきます。さらに譲渡証明書にも実印を押印しますが、この場合には提出ヶ所が同じなので印鑑証明は1通で構わないそうです。

 

もし車検証の住所と現住所が異なるという時には住民票なども必要になってきます。もう一つとしてはディーラーが下取をしたものの、廃車にして抹消登録を行うというケースもあります。この場合には廃車手続きのために実印の押印を行いますので印鑑証明書が必要になります。

 

また自動車税還付や自賠責保険解約の為にも実印の押印が必要になることも多く、そのたびに印鑑証明書が必要になるために多い場合では3通の印鑑証明書が必要と言われることもあります。手続きについてはディーラー側が代行しますので、代行手数料がかかることが多いようです。