軽自動車 取得税増税

来年度の軽自動車の取得税増税について

先日、車を走らせながらFMラジオを聞いていました。 内容は、来年度の軽自動車の取得税増税についてでした。
財源不足の今の日本社会。アベノミクスとかの経済政策で経済回復を模索する政府与党。
その中で、軽自動車の税の徴収をどうするかといった話がなされている様です。

 

軽自動車の普及率に目をつけた様ですが、人工過疎化の地方の足となっている軽自動車の税収を考慮し、軽自動車の新車の取得税についての増税案が出ている様です。
私としては、新車を購入するぐらいだから、多少の増税は止むを得ないものと思います。
軽自動車は、維持費も安く普及率が高いのも事実であろうと思いますが、あまり国民を顧みない政策は、いかがなものかと考えます。
私自信も軽自動車に乗り、毎日の通勤の足となっていますので、強い関心があります。
税収ありきはわかりますが、他にも良い政策があるのではないか?
と思います。

 

議員さんには、国を預かる国民の代表として、もっと社会というものを学んでもらいものだと思います。
「親方、日の丸」ではありませんが、国民から集めた大切な税収を有効に使って欲しいと思える様な政策がたくさんあります。
生活に必要な、なくてはならない軽自動車。今後の税収のあり方が、気になるところです。