軽自動車の増税の話

軽自動車の増税の話

軽自動車の税額値上げの議論が話題になってきましたね。
何となく増税のターゲットに選ばれるであろうと思っていたので、軽自動車を所有している私はああやっぱりなという心境です。
ここ最近の軽は商品力が向上して、小型車と変わらない機能を持っています。私は田舎に住んでいますが、地方では車がなければ生活に支障が出ます。
車にできるだけ頼りたくなくても、軽四は日常生活を支える交通手段の一つです。軽の強みは何といっても。車両が軽く燃費もいいことです。

 

気になる軽の税率ですが倍近く値上げらしいです。

 

確かに軽自動車は年間7200円という税金です。小型車は3万近くと、開きがありすぎるので不公平だという声ユーザーからが出るのもわかります。税額の水準がどれだけの数字になるか、まだわかりませんがさすがに増税を回避できることは難しいでしょう。
私個人としては、2万超えるようであれば新しい小型車に買い替えるかもしれません。もし増税と引き換えに、軽四の全幅拡大や排気量アップをメーカーが開発したら、新しいビジネスモデルになりそうです。
私としてはできればこのままで、もし無理なら軽四の大型化を開発してほしいと思います。

 

排気量が800CCになれば、パワーにゆとりが出て普通車の部品も応用しやすくなるので実用燃費は今よりよくなると思います。
軽増税は弱い者いじめ、とメーカーはこの動きを批判していますが結局は行政の思惑がすんなり通るのでしょうね。しかしこれ以上の値上げは勘弁してもらいたいです。