純正パーツと外品パーツの買取について。。

純正パーツと外品パーツの買取について。。

買取査定に出す場合、気をつけなければならないのは、純正パーツと外品パーツです。

 

 

>>お得に軽自動車を売りたいなら一括査定!

 

 

買取査定の際、純正パーツと外品パーツでは大きな差があります。純正パーツの場合、買取査定でプラスになることが多いのですが、外品パーツの場合、マイナス査定になることが多いので気をつけなければなりません。
基本的に、車の多くの購入者は、ノーマルな状態の車を欲しがる傾向にあるので、純正パーツはプラスに影響するのですが、外品パーツはその逆になるので、マイナス評価を受けることが多いのです。外品パーツはどうしても個人色が強いので、好まれない傾向が強いものです。但し、通常であれば外品パーツより純正パーツの方が価値は高いのですが、社外のアルミホイールやエアロパーツなどは、プラス査定になることがあります。

 

ナビやテレビなどはプラス査定になりやすく、これは純正パーツであっても外品パーツであっても価値があります。外品パーツの場合は、車の買取査定の時に出すのではなく、パーツ専門の買取り業者へ売った方が高額で買取ってくれる可能性が高いでしょう。